タクシードライバーの転職

img-1

タクシードライバーは随時募集を行っている会社が多く見られ、比較的転職しやすい業界です。

二種免許を持たない場合にも、一定の条件を満たせば取得支援を行ってくれる会社がほとんどで、異業種からの転職も安心です。しかし同業種からの転職に関しては、会社側は警戒を強めます。

昔、タクシードライバーは一部の品性を欠いたドライバーのせいで、社会的地位が低く、差別的な呼び名で揶揄されていた時代もあります。


それを業界の努力によって、業界に不利益となるドライバーを排除し、健全で安心して利用できるものとして社会が認識させるまでに至りました。これを維持し、現ドライバーの地位向上と更なる業界の飛躍のため、雇用するタクシードライバーに対して高い人間性を求める傾向にあります。


同業種からの転職が、すぐさま人間性に問題があるということではありません。
しかし何が理由で辞めたのか、また評判はどうであったのかということは、重視します。

たとえば一般企業を転勤を断るために退職した人と、同業種をなにかしらのトラブルで退職した人とでは、その背景が違います。


もちろん同業種であっても、納得できる退職理由の事実があれば、それはもちろん受け入れられます。

同業種の転職経験が2回以下といった社内規定を設けている会社もあるほどです。
転職を繰り返さないためにも、最初に入社する会社をよく吟味し、自分に合った環境で末永く働ける会社に応募することは必要でしょう。タクシードライバーを志す人の多くは脱サラした人や、リストラされて再就職するためになった人など、全体的に年齢は高めです。


20代でタクシードライバーになったという人は少なく、街でそのようなタクシーに出会うこともほぼありません。

そもそも若者は車自体乗りません。


免許こそ夏休みなどの合宿免許でとってしまう人は多いですが、普段から車を運転する人は少ないです。都会では交通網が発達していること、むしろ自家用車移動の方がコストがかかることが要因の多くを占めます。

タクシーは都会で利用されるケースが多い一方、地方では頻繁には利用されません。

その環境も若者がタクシードライバーを最初から目指さない理由だと思われます。
しかし、若いうちからタクシードライバーになるのは、利用者にとってはいいことが多いです。昔のドライバーは客商売にもかかわらず、横柄な方が多く、今でもそのような人がいます。寡黙に運転しても成立する職業ではありますが、やはり臨機応変に対応することが求められます。

若いうちから教育しておけばそれが当たり前になるので、横柄なドライバーにはなりにくくなります。


労働環境としてはあまりいいものではありませんが、道に詳しくなれば、この後転職する際にもつぶしがききます。

バスの運転手、運送業者など重宝されるでしょう。


また、若い人がタクシードライバーであることへのニーズはあるように思います。
特に若い女性がドライバーなら、マスコミでも取り上げられやすくなります。どうしてもおじさんのイメージがついてる業種ですが、若い人がもっと進出してもいいですし、若い人しかいないタクシー会社も選択肢の1つとしてあっていいのではないでしょうか。

















関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top