エンジニアの転職で注意すべきこと

img-1

日本の製造業は人件費が高いため、アジア諸国に押され気味の所が有ります。

その中で企業が欲している自在と言えば、エンジニアです。
様々な分野が有りますが、高度な技術力を持っている人は安価な海外製の商品を顧客が利用しやすいように組み合わせて提供することが出来るため、その価値が非常に高まっている傾向にあります。

その為、高い技術を持ち顧客の要求に合った安価な製品を見つけ出し組み合わせることの出来るシステムエンジニアは企業にとっても非常に価値のある存在であり、その求人も非常に多いのが実情です。

しかし、だからと言って安易に転職すると大変な目に遭うことになるので注意が必要です。



転職先で大変な目に遭わないためには、第一に転職先が自分が活躍できる上での基本的な技術力を持っているかどうかを見極めることが大切です。


エンジニア自身が高い技術力を持っていても、その技術力を理解できる経営陣、或いはその技術力を発揮できる土壌が無いと自分の能力を存分に発揮することができないばかりか、本来不要な作業をさせられる羽目になってしまいます。


企業の方針を決めるのは経営陣ですから、その経営陣の理解を得られる様な働き方をしないと企業内ではなかなか評価されないものです。



高い技術力を持つエンジニアほど、その技術を発揮するには整った環境が必要になるものです。

エンジニアが転職を成功させるためには、まず企業の製品やサービスのレベルを見極め、自分の技術を活かせる職場かどうかをしっかりと判断することが必要です。

タクシードライバーの求人を出している会社をよく見かけます。



景気が回復傾向にある影響もあって、タクシーを利用する人が増えています。

また酒を飲んで車を運転して事故を起こした場合は刑罰が重くなったこともあって、列車やバスの本数が少ない場所に住んでいる人が酒を飲みに行く場合には、タクシーで帰宅するという人が増えています。



さらには列車やバスが事故等で運休してしまった場合には、タクシーを利用するしかありません。
また最近では国外からの観光客も増えてきており、タクシーに乗って観光を楽しむという外国人観光客も増加しています。



そういった点からもタクシーの需要は高まっています。

しかし、タクシーの需要にタクシードライバーの数が追いついていないのが現状です。そのためタクシー会社では、より待遇を改善してドライバーを確保するための措置を講じています。



タクシードライバーは夜勤もけっこうあるので、けっして楽な仕事ではありません。

また直ぐにクレームを付ける客もいるので、精神的にもきつい仕事です。



そういったきつい仕事の割にはあまり稼げないといったこともありました。
そのようなことを考慮して、しっかりと固定額を保証したりノルマを課すのを止めた会社もたくさんあります。
それによって、タクシードライバーの数を維持しようとしているのです。



東京オリンピックが開催されることが決定して、ますます海外からの観光客が増えることが予想されています。

そのためタクシー会社としても、そのような海外からの観光客にタクシーを利用してもらうためにもタクシードライバーの数を確保する必要があるのです。

関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top