タクシードライバーを目指そう

img-1

仕事の給料体制には様々な種類があります。



毎月決まった額を貰える月給制、働いた日数分だけ給料を貰える日給制、それに時給制や週給制、スポーツ選手などは年俸制、そして成果を報酬とする歩合制です。
タクシードライバーは基本給にプラスして成果報酬を貰える歩合制になります。
お客さんを運んで得た収入の内幾らかを給料として貰えるというもので、運べば運ぶだけ、それも長距離であればあるだけ給料が増えるということになります。



タクシードライバーになって日が浅いとなかなか稼ぎ方が分からなかったりするのでしょうが、熟練したタクシードライバーなら効率の良い動き方や長距離移動する人の特徴など、色んなものが見えてくるようになりますから、大きく稼ぐことも出来るようになってきます。



毎勤務、同じように大きく稼ぐというのはさすがに無理があるかもしれませんが、それでもチャンスは巡って来るはずですから、それを逃さないように注意するのもまた、熟練の技の一つといえるかもしれません。



お客さんを見逃さない注意力や仮眠をとるタイミングを見極める判断力、どの辺りだとお客さんを乗せやすいかを探る能力や地理が頭に入っているかどうか、といったあらゆる能力の総合が高ければ高い程、優秀なタクシードライバーになれるのです。

そして、そんな人こそ歩合制という給料形態の恩恵を受けられるのです。


歩合制は下手をすれば給料が大きく減る可能性だってあるわけですから、まずは自分が適しているかをよく考え、その上で稼げると確信できるのであればタクシードライバーを本気で目指してみるのもいいかもしれません。
タクシードライバーとは顧客を目的地まで送迎するのが基本の仕事です。
人の集まる繁華街の主要の駅周辺や、勤務しているタクシー会社の近辺などで主に勤務をしています。



また一般のタクシーとは異なり、企業の専属タクシーで勤務したり要介護者専用のタクシーなどもあります。


タクシードライバーは年齢や性別に関係なく働けて、頑張った分だけ給与面に反映されるので常に人気の職種でもあります。


反面自分のテリトリーをつかむまでの努力や道を覚えるなど実績を積んで、やっと一人前になれるという地道な努力を必要とする職種でもあります。
タクシードライバーに向いている人材は、まずは運転が得意かもしくは苦でないと感じるタイプです。



次に道に詳しいという特性も必要です。

これは新人の頃には道を覚えるための研修期間なども実施されているので、じっくりと確実に覚えていけば問題はないでしょう。



ある程度の経験をこなしてくると、目的地までの裏道を使うなどの上級テクニックも身に付いてくるのが一般的です。

また至近距離で顧客と接するので清潔感は大切です。
さらに密室空間での接客業務となるので、顧客をリラックスさせる会話術にも長けている方が印象の良いドライバーとなれるといえます。

タクシードライバーの求人率は年々増加の傾向にあり、様々な求人誌で常に募集がかかっているのも特徴です。年齢に関係なく続けることもできるので、高齢のドライバーでも現役で活躍している方が多いです。



関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top