タクシードライバーへの転職で迷うことは

img-1

タクシー会社は全国各地に展開している大手と、その他の中小から成り立っています。
タクシードライバーとして働くのに、大手が良いのか、中小が良いのか、迷うところです。


大都市にはタクシー会社が集中しています。大都市は無線で呼ぶお客さんに対応するのみならず、いわゆる「流し」でお客さんを拾って実車する業務のウエイトが増えます。



地方に行けば行くほど、「流しのタクシー」は減り、ほとんどが無線で予約を入れるお客さんで1日の業務が終わります。



大都市であれば、会社の評判がよほど悪くない限り、どの会社に入社してタクシードライバーとなっても、自分の力で稼ぎをアップさせることは可能です。都市部を外して地方になれば、今度は大手参入は減り、地場のタクシー会社を中心に展開されます。

タクシー会社を選ぶほど、多くはないのです。
どこで働くかによって、タクシードライバーの転職環境はかなり違うものです。
大都市で働くことを仮定した時に、大会社に転職するメリットは、教育関係が徹底している、マニュアルが確立しているということです。
「ここで働いていたタクシードライバーであれば、安心」と、他のタクシー会社もその経験を重視してくれることもあります。また中小のタクシー会社の場合には、「臨機応変」があります。

人間的な関わり合いも大きくなりますので、家族的な雰囲気の中で和気あいあいと働きたいと希望する時には、中小のタクシー会社を選択できます。



タクシードライバーに成るためには、普通二種免許の取得が必須です。



そこには普通二種免許の受験日に21才以上到達していることが必要ですし、すでに普通車または中型車や大特車の免許を取得してから、免停期間を除いた通算が3年以上なければならないといった条件があります。

3年以上という時点で、その間に取り消しに至るほどの重大な事故は起こしていないことに成りますし、ある程度の技術力も担保されていると考えられます。

そこで二種免許の取得のために受験することが可能となるのです。



最低限の運転経験の有無は、二種免許取得で保証されています。
しかしタクシードライバーの仕事は、利用者を安全に目的地まで送り届けるのが仕事です。



事故を起こせば利用者を危険にさらすことに成りますし、大切な「時間」を厳守することもままなりません。
人間のすることですからミスはつきものというものの、運転のミスがもたらすものが大きすぎますので、一度の発生も許されません。


それだけの運転技術も、タクシードライバーには求められています。


タクシードライバーとしての経験は実務の中で積みますが、ドライバーとしての運転技術は磨いておくべきです。



ただし昔のようにすべての車がミッションだということはありません。


オートマのタクシーも多くなっています。



問い合わせの時点で確認が必要ですが、AT限定の免許だからタクシードライバーにはなれないといった時代ではなくなっています。


関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top