タクシードライバーになるための資格

img-1

タクシードライバーとして働くということは、人を乗せて対価をえるのですから、旅客運輸業に従事することになります。



そのため第二種運転免許が必要となります。
運転する車によって、普通二種免許の上位免許である中型二種免許や大型二種免許が求められる場合もあります。AT限定の普通二種免許もありますが、タクシードライバーとして適正な車の仕組みといった知識などを把握する上で、AT限定では不十分であると考えるタクシー会社もあり、AT限定免許で従事できるか否かはその個々の会社の裁量によります。



おおよそは、初めから普通二種免許を所有している者か、普通第一種運転免許を取得した後、3年を経過した者を二種免許養成乗務員として雇用して育てるという流れが見られます。



免許習得後に乗務員登録証を取得させ、実際にタクシードライバーとして従事させることになります。



人を育てるためにある程度の投資を会社は行いますので、営業所に配属となった暁には、その後1年から2年のいわゆるお礼奉公期間が科せられるのが通常です。



現在、社会のタクシーへのニーズは細分化し、ただ単に目的地まで人を運ぶということだけにとどまっていません。
このニーズこそ、タクシーの新たなビジネスチャンスにもなっています。

介護タクシーや妊婦タクシーなど、様々です。

観光のプロフェッショナルとして活躍する場面もあります。



そのためタクシードライバーが求められる資格も、目的に応じて多様化しています。
近年になって、タクシードライバーという職業が壮年期の人に人気となっていています。



その理由として先の見えない不安定な未来というのがあって、少しずつ年金の受給金額が減ってきていて、それにも関わらず食料品や日常品、さらには医療費や税金などが値上がりしているのですから、安心して老後を迎えるなんてことができなくなっているのです。
しかも年金が受給される年齢が引き上げられて、定年後にもらえるまでの期間をどうするのかというのが悩みの種となっているのです。それゆえ仕事を辞めた後も続けられる職業を求めて、タクシードライバーに転職する人が増えているのです。

タクシードライバーのメリットは定年後も個人タクシーで営業できることで、働きながら資金をため、ノウハウを学んで定年後に備える人が増えてきているのです。

また長引いていた不況が少しずつ晴れてきて、さらには海外からの観光客が増加してきて、タクシーそのものの需要も増えてきているのです。

それゆえタクシードライバーというのは一時は不安定な職業であったのですが、最近は必要とされてきているので、会社としてもドライバーを求める動きが出てきているのです。
そういったことからタクシードライバーの人気が高まってきていて、需要と供給のバランスが取れてきていると言えるのです。

先を見越して職業を考えていく、そういったこともこれからは必要となってくるもので、未来をイメージするのも大切なことなのです。



関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top