エンジニアが転職する場合

img-1

エンジニアといってもさまざまな分野があり、転職に有利な業種もあれば、歓迎されない業種もあります。

今一番脚光を浴びていて、転職、再就職が最も有利なのは、インフラ、ネットワーク業界です。
アプリケーション、インフラなどにわかれ、更にソーシャルゲーム開発、動画配信サービスといった最先端の技術が求められるエンジニアは、何処の会社でも引っ張りだこで、毎日あちこちで引き抜きが行われています。

従って報酬も高く、現在より2、3割高などと言うのは当たり前、2倍、3倍高といった条件を提示されることも珍しくありません。それだけに、こうした業界で勤務するエンジニアは常に脚光を浴びていますが、それだけに、大きな落とし穴があり、転職先で高い評価を受けられなければ即解雇というケースもあります。

プロ野球の選手と同じで実績を挙げれば報酬は上がるし、実績がなければ二軍落ちから解雇という現実が待っています。こうした派手な動きとは全く無縁ですが実力者は高い評価を受けて、有利な転職が出来るのは工具メーカーなどのエンジニアです。日本の機械工は世界でも高い評価を受けていますが、こうした名人級の職人が町工場の中に沢山います。インターネットの世界と違って派手な引き抜き合戦や、次から次へと転職を繰り返して給料を上げるといったことはありませんが、こうした名人級が沢山いることが日本の工業会のレベルを高いものにしています。

こうしたエンジニアの転職、再就職の世話をする業者も沢山あります。

エンジニアの求人情報はハローワーク等にある公開求人よりも、エージェントから紹介してもらうことができる非公開求人情報のほうがおすすめです。

通常の公開求人情報というのは待遇が良いなど魅力的な内容になればなるほど、たくさんのエンジニアが応募します。

応募者が非常に多くなってくると、やはり限られた採用枠を巡って争うことになるため、自分がその求人で仕事を得ることが難しくなってきます。


非公開求人の場合、同じように待遇などが魅力的な内容でも、基本的には自分でそうした求人を探して応募するのではなく、エージェントから仕事を紹介されるという形になるため、自然と応募者が少なくなります。

魅力的な求人情報なのに応募者が少ない、これは仕事を探す人にとっては非常にうれしい内容だといえます。

また、別にメリットとしてもう一つ覚えておきたいのが、エージェントが面接に付き添ってくれることです。
単に面接へ一緒に来るだけではなく、自分の職歴や実績、または相手先の人材雇用の状況など、何かの理由次第でエージェントは採用に関する条件を交渉してくれることがあります。
例えば、エンジニアとして年収300万での採用のところが交渉によって350万になるなど、少しでも待遇がアップすると大きなメリットになってきます。
エージェントには自分の理想や希望など、エンジニアの仕事に関して様々な相談をすることができるので、うまく活用しながらエンジニアの仕事を探してみましょう。

















関連リンク

img-2
条件の良いエンジニアの求人を探して、転職しよう

エンジニアの仕事は求人が比較的多いもので、転職はそれほど難しくありません。特にスマートフォン関連のエンジニアの仕事は、現在求人が増えています。...

more
img-2
エンジニアの転職先の選び方

エンジニアが転職をする際には、技術を持っているから転職先を見つけやすいと考えている人は多いでしょう。技術を持っているから仕事が見つかりやすいと思っている人も多いのですが、現代社会では必ずしもそうとは言えないものです。...

more
top